ラルク予定

なんか言ってる


follow OQOO at http://twitter.com

Instagram

公式サイト

L'Arc~en~Ciel
 ・L'Arc~en~Ciel official site
 ・LArcom.net
hyde soro works
 ・Hydeist
 ・VAMPS
 ・VANPROSE
 ・HAUNTED RECORDS
tetsu soro works
 ・tetsu
 ・Creature Creature
ken soro works
 ・Ken
 ・SONS OF ALL PUSSYS
yukihiro soro works
 ・acid android
 ・tracks on drugs
other
 ・MAVERICK DC GROUP
 ・DANGER CRUE RECORDS
 ・K.A.Z

(´・∀・)<カモーン

リンク

知らないとは言わせない
サルでもわかる?人権擁護法案

検索

更新率

QRコード

QRコード

RSSフィード

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06« 2017/07 »08

プロフィール

TEN POINT

Author:TEN POINT
LE-CIEL&hydeist。
AB型。主成分はラルク。
時々競馬とかその他大勢の趣味とか。

ラルクファンに100の質問

 


*コメントの返信は気まぐれ。本文に書いたりコメ欄に書いたり、返事の形式も気まぐれ。
Web拍手もコメントも全部読ませていただいてます。押されれば押されるだけ元気とやる気もらってます。
ありがとうー。


現在の閲覧者数:

メールフォーム代わり。
ご意見ご感想等なんかあったらこちらからどーぞ。↓
むしろ何もなくてもどーぞ。

拍手する

~~出没地2011~~
L'Arc~en~Ciel
0101 幕張メッセ
TETSUYA
0213 渋谷C.C.レモンホール
L'Arc~en~Ciel
0910 さいたまスーパーアリーナ
0911 さいたまスーパーアリーナ
1102 日本ガイシホール
1103 日本ガイシホール
1203 京セラドーム大阪
1204 京セラドーム大阪
テレ朝ドリームフェス
0923 日本武道館

過去のライブレポもここから↓
過去の参戦履歴

※Ciel etoile=星空。
since 05.11.21.



ブログパーツ



最新の記事

最新のコメント

データ取得中...

最近のトラックバック

カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧

Category Count
全エントリ一覧
ポケモン 15
今日の出来事 247
ラルクな話 338
ソロ 232
ライヴレポート 68
雑談 278
競馬 20
映画 14
バトン 15
未分類 11

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての人のライブハウス講座3 

HydeistにHYDE来てたらしいね。血文字残してささっとお帰りになったのかしら。
このままツアー開始かな?いってらっしゃーい ノシ

初めての人のライブハウス講座1
初めての人のライブハウス講座2
の続き。



3のお品書き
■ライヴ中の心構え
■入場~開演
先に書きましたとおり、ライブハウスのライヴの多くはオールスタンディングという形式で自分の席はありません。もちろん今回のZeppも同様です。
つまり自分の努力しだいでステージに近づくこともできますし、後方でじっくり見ることも可能ということです。

ただし注意してほしいこと。
前に行く・ステージに近づくということは、 自ら戦場に身を置くことと心得てください。笑
多くの人がステージに近づこうとするため、人口密度はラッシュ時の満員電車を上回ります。(特にHYDEのライヴは他のアーティストと比べても押しがかなり強い気がします)
ライヴが始まりアーティストがステージに姿を現すとさらに前方へ人が押し寄せるため最前列付近の人たちはかなりの負担がかかります。
そして曲が始まると、カオスです。
カオスゾーン(体感では5列目付近)に慣れない人、体力のない人が入ってしまうと脱水症状、酸欠、貧血などを起こすことがあります。極端な場合、最前列の人は肋骨骨折することもあります。まさに戦場。

体力に自信のない人、ライヴ中というハイテンションの中でも自分の限界を見極められるほどの経験がない人は、まずは後方からスタートするのがいいでしょう。

前に行っておいて「押さないで」とか言っても誰も聞きゃしません。不親切なのではなく、そういうところにいる方が悪いのです。無理と思ったらすぐに退くこと。前にいることがステイタスと思わないでください。
実際にライヴ中に倒れ、係員に連れ出される人をたくさん見ています。曲中に人が倒れると、その周りの人たちは曲を丸々一曲聴けないことになりますよね。ステージからもその光景はよく見えていると思います。自分のためにも他の人のためにも、やばいと思ったらすぐに退いてください。

後方から様子を見つつ、もう少し前行った方が楽しそうだなとか思ったらどんどん場所移動してOKです。最初から前にいるよりも、後ろからスタートしていくと「ここから先のゾーンは私には無理だな」ってラインが見えてくると思います(笑)

正直言って前のほうに行くとステージなんてほぼ見えません。ていうかそれどころではありません、だって戦場(笑)むしろ後ろのほうが視界が開けていて見やすいですよ☆

もしも周りで人が崩れた時には手を貸してあげたり、出ようとしているのがわかったら道を開けたり、お互いに助け合う心のゆとりを持つこと。その人が具合悪くて声を出せてないこともあります。周りが気付いていないと思ったら「人出るので道開けてあげてください」と一声かけると優しいかも。
自分が助けてもらったら、お礼の言葉も忘れずに。

**
いろいろ書いて、初めての人を脅かしたりしてみてますが(笑)
初めてでよくわかんないけど、とりあえず近いし前行こう!っていうのだけはやめてほしいって事です。

勘違いされそうですが、後ろが落ち着いて見ていられる=盛り上がらないということではありません。
むしろ自分のスペースが確保できるので、好き勝手踊っていられます。そんな私も番号がすごくいいわけでもなければ、基本的に真ん中~後ろあたりにいることが多いです。
自分のスタイルに合わせてライヴを楽しみましょう。それを選べるのがライヴハウスの良さの一つだと思います。

***
<モッシュとダイブ>
・モッシュ:
ノリ方の一つ。パターンはいろいろですが、いわゆる押しくらまんじゅうのように曲に合わせてお互いの体をぶつけ合う行為のこと。
・ダイブ(コロダイ):
人の肩などを発射台として(もちろん肩を借りるのは了解の上で)、客の上に「ダイブ」する。そのあとダイバーをはごろごろと客上を前へ転がっていくという行為です。

いわゆる「危険行為」とされていて、会場・アーティスト側から禁止されているところも多いですが、なぜかよく見られる光景です。初めての人には想像がつきにくいと思いますが…一回見ればきっとすぐわかります。ダイブはFAITHのDVDにもしかして映ってるかもしれない。

ツアー666のZepp Osaka時も会場で禁止されていましたが、HYDE自身が「どんどんやっていい。俺が責任とってやるから。」といった主旨のMCをしています。
そうは言われても、やはり危険行為は危険行為です;w
体も心も慣れている人でないと、事故になりかねません。何度も繰り返しになってしまいますが、「ここは危ない」と思ったらすぐ下がりましょう。怪我をしてからでは取り返しがつきません…怪我だけですめばまだいいんですけどね。

<MC中>
これはホールのライヴでも同じだと思いますが…人の話は聞きましょう。
HYDEだからといって、調子こいた茶々を入れないでください。
「どうだった~?」「なんで~?」「かわいい~!」
あからさまにイラッとしているように見えるときはよくあります。
っていうか、HYDEがどうのじゃなくてもうるさいです。黙ってろ。


あ…あとそう。いくら最前列だったとしても、楽器には触らない。
特に弦隊のチューニング部分は絶対だめ。またチューニングしなおさなくちゃいけないから、下手したらライブ中断もありえます。気をつけましょう。



*****
4(終演後・まとめ)に続きます。
だらだら長くてごめん!
初めての人のライブハウス講座終わり | HOME | 初めての人のライブハウス講座2

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。